プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いについて
個人情報の定義
ジェイピーモバイルは、個人情報とは、個人情報の保護に関する法律に規定される生存する個人に関する情報(氏名、生年月日、その他の特定の個人を識別することができる情報)、ならびに特定の個人と結びついて使用されるメールアドレス、ユーザーID、パスワード、クレジットカードなどの情報、および個人情報と一体となった趣味、家族構成、年齢その他の個人に関する属性情報であると認識しています。
クッキー・IPアドレス情報
クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。ただしこれら情報と個人情報が一体となって使用される場合にはこれら情報も個人情報とみなします。
ジェイピーモバイルの運営するメディアにおいては、たとえ特定の個人を識別することができなくとも、クッキー及びIPアドレス情報を利用する場合には、その目的と方法を開示してまいります。また、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。クッキーを拒否するとサービスが受けられない場合は、その旨も公表します。
個人情報利用目的の特定
ジェイピーモバイルは、個人情報を取り扱うにあたって、その利用の目的を出来る限り特定します。
個人情報利用の制限定
ジェイピーモバイルは、あらかじめご本人の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取扱うことはありません。合併その他の理由により個人情報を取得した場合にも、あらかじめご本人の同意を得ないで、承継前の利用目的の範囲を超えて取扱うことはありません。ただし、次の場合はこの限りではありません。
  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、
    ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、
    ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
個人情報の適正な取得
ジェイピーモバイルは、適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得することはありません。また、15歳未満の子供から親権者の同意なく個人に関する情報をみだりに収集しないよう留意します。
個人情報の利用目的
(1)ジェイピーモバイルは、お客様の個人情報を原則として次の利用目的の範囲内で利用させていただきます。なお、当WEBサイトの他のページで特に利用目的を定めている場合は、その利用目的を含みます。
  • お客様から寄せられたお問い合わせについて、回答させていただくため。
  • お客様に、ジェイピーモバイルの商品、企業活動、イベント、キャンペーン等に関する
    お知らせをお届けするため。
  • ジェイピーモバイルにご来社いただくお客様のご来社日時を確認するため。
  • ご契約いただいた内容に基づき、その状況の報告をさせていただくため。
  • お客様のご承認の下に、ジェイピーモバイルのWEBサイトにて紹介させていただくため。
  • その他お客様から寄せられたご意見、ご要望にお応えするため。
(2)ジェイピーモバイルが他の事業者から委託された業務(他の事業者の商品・サービスの販売・取次等) の実施に当たって取り扱うこととなる個人情報は、その委託された業務の実施、当該委託元の商品・サービスの提供に最小限必要な内容に関してのみ、当該委託元と共同利用致します。
(3)ジェイピーモバイルは、お客様の個人情報の利用に際し、次の場合には事前に利用者、利用目的をお知らせの上、お客さまのご同意を得るものとします。
i. 上記利用目的の範囲を超えて利用する場合。
(4)上記(2)および(3)において、お客さまの個人情報は、すべて提供されるものではなく、利用目的の範囲内で必要最小限の提供に留まります。
個人情報の取得に際する利用目的の通知
ジェイピーモバイルは、個人情報を取得するにあたり、あらかじめその利用目的を公表します。ただし、次の場合はこの限りではありません。
(1)利用目的をご本人に通知し、または公表することによりご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
(2)利用目的をご本人に通知し、または公表することによりジェイピーモバイルの権利または正当な利益を害するおそれがある場合
(3)国の機関もしくは地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的をご本人に通知し、または公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
(4)取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合
個人情報利用目的の変更
ジェイピーモバイルは、個人情報の利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えては行わず、変更された利用目的について、ご本人に通知し、または公表します。
個人情報の安全管理・従業員の監督
ジェイピーモバイルは、個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理が図られるよう、情報セキュリティ基本方針および情報セキュリティポリシーを掲げ、情報セキュリティ委員会を設置し、従業員に対する必要かつ適切な監督を行います。 ジェイピーモバイルは、従業員に個人情報を取り扱わせるにあたっては、個人情報の安全管理が図られるよう、従業員に対する必要かつ適切な監督を行います。
委託先の監督
ジェイピーモバイルは、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、委託先と機密保持を含む契約の締結、または、ジェイピーモバイルが定める約款に合意を求め、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。
第三者提供の制限
(1)ジェイピーモバイルは、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。
  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • 予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合
    a. 利用目的に第三者への提供を含むこと
    b. 第三者に提供されるデータの項目
    c. 第三者への提供の手段または方法
    d. ご本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
(2)ただし次に掲げる場合は上記に定める第三者には該当しません。
  • ジェイピーモバイルが利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
  • 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
  • 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめご本人に通知し、またはご本人が容易に知り得る状態に置いているとき
(3)ジェイピーモバイルは、個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合、利用目的または管理責任者の氏名または名称が変更される場合は、変更する内容について、あらかじめご本人に通知し、またはご本人が容易に知り得る状態に置きます。
個人情報に関する事項の公表等
(1)ジェイピーモバイルは、個人情報に関する次に掲げる事項について、ご本人の知り得る状態に置き、ご本人の求めに応じて遅滞なく回答します。
  • 個人情報の利用目的(ただし、個人情報の保護に関する法律において、その義務がないと規定されるものは除きます。ご回答しない決定をした場合は、ご本人に対して遅滞なくその旨を通知します。)
  • 個人情報に関するお問い合わせ窓口
(2)ジェイピーモバイルは、ご本人から、個人情報の開示を求められたときは、ご本人に対し、遅滞なく開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。
  • ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  • ジェイピーモバイルの業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  • 他の法令に違反することとなる場合
なお、アクセスログなどの個人情報以外の情報については、原則として開示いたしません。
個人情報の訂正等
ジェイピーモバイルは、ご本人から、個人情報が真実でないという理由によって、内容の訂正、追加または削除(以下「訂正等」といいます)を求められた場合には、他の法令の規定により特別の手続きが定められている場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正等を行い、その旨ご本人に通知します。
個人情報の利用停止等
ジェイピーモバイルは、ご本人から、ご本人の個人情報が、あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または偽りその他不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下「利用停止等」といいます)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨ご本人に通知します。ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、ご本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます。
理由の説明
ジェイピーモバイルは、ご本人からの要求にもかかわらず、(1)利用目的を通知しない、(2)個人情報の全部または一部を開示しない、(3)個人情報の利用停止等を行わない、(4)個人情報の第三者提供を停止しない、のいずれかを決定する場合、その旨ご本人に通知する際に理由を説明するよう努めます。
お問い合わせ
ジェイピーモバイルのプライバシーポリシーに関するお問い合わせは、下記担当までお願い致します。
〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町93 京都リサーチパーク6号館213号
株式会社 ジェイピーモバイル minpaku-wifi@i-w.co.jp
2015年11月09日制定
サービス約款
ジェイピーモバイル 民泊WiFiサービス利用規約
第1条(適用の範囲等)
本利用規約は、ジェイピーモバイル株式会社(以下「当社」と呼びます。)の提供するデータ通信機器、及びその付属品(以下「通信機器等」と呼びます。)のレンタルサービス(以下「本サービス」と呼びます。)を契約申込者(以下「申込者」と呼びます。)が利用する場合に適用します。
第2条(個人情報の保護に関する方針)
1、当社は、「個人情報の保護に関する法律」の趣旨を鑑み、申込者の個人情報を善良なる管理者の注意をもって適切に管理します。
2、サービスの提供(商品・サービスのご案内、アンケート調査の実施等)や料金請求または当社グループにおけるサービスの御案内など、当社が定める個人情報取扱規程に記載する目的のために利用し、これ以外の目的のために使用しないものとします。
3、本サービスを利用するにあたり、会員登録が必要となります。会員の方へは、必要に応じて個別または一斉に、登録した連絡先に当社の定める通知方法(メール・電話・郵送等)により連絡する場合がございます。
第3条(約款の変更)
当社は、申込者の承諾を得ることなく本約款を変更することがあります。その場合には、当社は変更後の本約款を第6条(通知の方法)に定める方法により申込者に通知するものとし、以降、変更後の約款が適用されるものとします。
第4条(サービス内容の変更)
当社は、申込者の承諾を得ることなく、本サービスの利用料金、ならびにこれに付随するサービス内容等を変更することがあります。その場合には、当社は変更後のサービス内容を第6条(通知の方法)に定める方法により申込者に通知するものとし、以後、変更後のサービス内容が適用されるものとします。
第5条(契約の成立)
1、申込者が、当社指定の手続きにより申込みを完了し、当社がこれを承認した時点をもって契約の成立とします。
2、当社の申込承認とは当社が申込の承認をする旨を申込者が登録したメールアドレスに送信されるメールの送信、または郵送等の各種通信手段をもってご注文を承認した旨を通知します。
3、当社が申込者の希望するサービスを用意出来ないと判断した場合、または申込承認の後もその他事情によりサービスが提供できないと判断した場合、申込者に対し第6条に定める方法にて通知します。
4、前項2において既に決済されていた場合、直ちに決済の取消し手続きを行い申込者に請求されない処置をします。
第6条(通知の方法)
本利用規約及び本サービスに係る事項について、当社から申込者に対する通知の方法は、書面、電子メール(ショートメールサービス等)、電話、当社が運営するウェブサイトへの掲示等、当社が指定する方法によるものとします。
第7条(申込手続き)
1、申込者は、申込者が予め本利用規約及び重要説明事項に同意の上、申込み締め切り期日までに当社指定の申込書、またはインターネットのオンライン申し込み画面に必要事項を記入し、当社に提出していただきます。
2、お貸し出しする通信機器等の回線は、当社が指定するものとなり、貸出直前に当社が決定するものとします。
3、当社は、次の各号に該当する場合には、本契約の申込を承諾しないことがあります。この場合において、当該拒絶があったときは、当社は契約申込者に対しその旨を通知します。
(1)申込者が本契約に違反するおそれがあると認められる相当の理由があるとき
(2)申込者が本契約上の債務の支払を怠るおそれがあるとき
(3)申込者が本契約申込書にことさら虚偽の事実を記載したとき
(4)違法に、または明らかに公序良俗に反する態様で本サービスを利用するおそれがあるとき
(5)申込者が当社または本サービスの信用を毀損するおそれがある態様で本サービスを利用するおそれがあるとき
(6)当社がその他事情によりサービスが提供できないと判断したとき
第8条(権利の譲渡等)
申込者は、第三者に対し、本契約上の権利または義務を譲渡または移転することはできません。
第9条(申込者情報の変更)
1、申込者は、第7条に定める手続きを行った申込者情報を変更する場合、必ず当社へ通知するものとします。
2、申込者が前項1の通知を怠ったため申込者および利用者の状況に合致せず当サービスを利用できない場合、当社は一切の責を負わないものとします。
第10条(通信機器等の受渡)
1、申込者は、以下の方法により当社または当社の指定する事業者から通信機器等を受け取るものとします。
(1)申込者指定の場所に宅配便または郵便にて送付する方法
2、天候不良など不可抗力の場合や輸送中の事故または遅延など、当社の責に帰さない事由により通信機器等を申込みの受渡予定日までにお届け出来ない場合、または申込者が受け取ることができない場合でも、当社はその責を負わないものとします。
第11条(申込の取消し)
1、申込者は、第7条による申込みを取消す場合には、ただちに当社に対しその旨を通知するものとし、当社が定める申込取消による通信料補償金(キャンセル料金に相当)を支払うものとします。
2、申込者は、当社が通信機器等を申込者指定先に発送後にキャンセルする場合、通信機器等が届いた日から翌2日以内に当社に返却するものとします。翌2日以内に通信機器等が当社に到着しない場合、第13条に定める利用料金を請求する場合があります。
第12条(通信機器等の返却)
1、申込者は、申込者負担による宅配便または郵便による返却方法をもってレンタル利用期間が完了した後に当社へ通信機器等を返却するものとします。
第13条(利用料金)
1、本サービスの利用料金は当社ホームページおよびパンフレットに定める料金に応じて計算します。
2、本サービス利用中は、実際の通信の有無に関わらず利用料金は発生するものとします。
3、第21条に定める過剰な通信を行った場合、別途追加料金を請求することがあります。
4、当社が当社の同業とみなす事業者による本サービスの利用が認められた場合、通常の料金とは別に定める通信量に応じた従量型の通信料金にて計算し、これを申込者に請求します。
5、当社指定の支払期日までにお支払が確認できない場合は、年14、5%の延長利息を請求させていただくことがあります。
6、料金は予告無しに変更されることがあります。
第14条(請求・支払方法等)
1、本サービスの利用料金の支払方法は、クレジットカード払い、または当社指定の支払方法とします。
2、本サービスの料金支払の際には、利用する金融機関の定める規約に則る必要があります。
3、本サービスに関して申込者が希望する内容(利用地域・期間・レンタル通信機器の台数等)によっては、保証金、またはクレジットカード保証枠を申し受ける場合があります。
4、当社は、申込者が、本サービスに関する利用料金について支払期日を経過しても当社に支払いがない場合には、申込者に書面、電子メール、電話、訪問等(但し、これらに限定されないものとします。)当社の指定する方法で通知または連絡(以下「未払料金案内」といいます。)できるものとします。
5、本利用規約に基づき当社より申込者に対し、何らかの料金の支払(延長料、申込取消による通信料補償金(キャンセル料金に相当)、通信機器等の修理代金または再調達代金等)を求める場合には、その金額を請求書に記載します。
6、当社は、第13条に定める利用料金、その他本利用規約に基づく申込者に対する債権の請求及び受領行為を第三者に委託することができるものとします。
7、当社または提携会社が、債権の請求及び受領行為を目的として申込者を訪問した場合、申込者は、当社または提携会社が訪問に要した費用を支払うものとします。
第15条(本契約の解除)
1、当社は、申込者が次の各号に掲げる事由に該当する場合、本契約を直ちに解除することができるものとします。
(1)本契約上の債務の支払いを怠り、または怠るおそれがあることが明らかであるとき
(2)違法に、または明らかに公序良俗に反する態様において本サービスを利用したとき
(3)当社が提供するサービスを直接または間接に利用する者の当該利用に対し重大な支障を与える態様において、本サービスを利用したとき
(4)約款に定める申込者の義務に違反したとき
(5)申込者について、破産、会社更生、整理または民事再生に係る申立があったとき
(6)申込者が暴力団、暴力団員及び、これらに準ずる様な反社会的勢力であること、若しくはこれら反社会的勢力と関わりがあることが判明した場合
(7)その他当社が解除するについてやむを得ない事由があると判断したとき
2、申込者は、前項に従い解除された場合、解除によって当社に生じた一切の損害ならびに責務を負担するものとします。
第16条(通信機器等の管理)
1、申込者は、善良なる管理者責任をもって通信機器等を維持、管理するものとし、その利用にあたって以下の行為を行ってはならないものとします。
(1)通信機器等の譲渡、転売、解析、改造、改変、損壊、破棄、紛失、著しい汚損(シール添付、削切、着色等)、添付済みシールの剥取等
(2)本契約外の不正使用
(3)通信機器等の取扱説明書に記載されている禁止事項に該当する行為
(4)電気通信事業法、携帯電話不正利用防止法ならびに関係法令に違反する行為
2、前1項の行為に該当すると当社が判断した場合、当社は申込者に是正勧告を行うことが出来、申込者はこれに従わなければならないものとします。
3、前1項の行為に該当すると当社が判断した場合、当社は通信機器等の強制返却勧告をかけることができ、申込者はこれに従わなければならないものとします。
4、前1項の行為に該当すると当社が判断した場合、当社は第23条に定める損害償請求できるものとし、申込者はこれを支払う義務を負うものとします。
第17条(通信機器等の滅失毀損等)
1、申込者は、通信機器等を当社指定の用法に従い、善良なる管理者の注意をもって使用、管理するものとします。
2、申込者は、通信機器等が滅失・毀損した場合または盗難にあった場合は、ただちにその旨を当社に連絡するものとします。また、如何なる事由があれ、通信機器等を滅失・盗難にあった場合、当社へ連絡するまで、不正に利用された通信料金は申込者が支払うものとします。
3、前2項の場合には、申込者はその理由が当社の責に帰すべきものである場合を除き、通信機器等の修理代金または再調達代金として、別途当社が定める「通信機器等の修理代金または再調達代金等」を当社に支払うものとします。
第18条(補償制度)
1、補償制度とは、申込者あるいは利用者が利用期間中に通信機器等を滅失・毀損及び盗難にあった場合に通信機器等の損害を補償する任意加入の制度です。第7条による申込の際に、加入申請のあった申込者のみ、この制度を適用します。
2、補償制度利用料及び補償内容については、別途当社ホームページ等により申込者に対し申込時に提示、案内するものとします。
3、紛失・盗難の際には、必ず現地警察署または公的機関の証明書を取得し、当社に提示するものとします。
第19条(通信機器等の買取)
申込者による通信機器等の買取は原則できないものとします。
第20条(禁止事項)
申込者は、本サービスの利用にあたり、次の各号に定める行為を行ってはならないものとします。
(1)本サービスに関連して使用される当社ならび第三者の著作権、商標権、その他いっさいの権利を侵害する行為、またはそのおそれのある行為
(2)本利用規約に反する行為
(3)電気通信事業法、携帯電話不正利用防止法ならびに関係法令に反する行為
(4)レンタル通信機器等への付加物品の取り付け、改造、分解、損壊
(5)レンタル通信機器等を第三者に転貸、譲渡、その他担保に供する等当社所有権の侵害行為、但し、申込者が提供する民泊等の宿泊場所における宿泊者の利用においては、第三者に対する転貸には当たらないこととする
(6)その他当社が合理的理由に基づいて、不適切・不相当と判断する行為
第21条(公正利用と制限)
1、すべての方に公平公正な通信の利用を提供するため、提供する通信事業者による政策または当社の判断により、申込者あるいは利用者が過剰な通信を行った場合、利用中断または利用制限を行うことがあります。また、動画ストリーミング・オンラインゲーム・VOIP・FTP等負担の大きな通信は、利用制限を行う事があります。
2、このような通信利用の中断や制限が発生した場合、申込者の指定した利用期間中は通信不通のままとなることがあります。その場合でも、当社は申込者に料金の返金は行わないものとします。
3、当社は、過剰な通信に関する追加料金を申込者に対し、第13条3項に定める通り別途請求することがあります。
4、当社は申込者あるいは利用者が月のパケット通信量が30GBを超えて使用した場合または使用が想定される場合、第15条3項に定める重大な支障を与える様態における本サービスの利用とみなし、同条に定める通り契約の解除を行うことこととします。尚、契約解除となった場合においても、申込者が支払済みの契約事務手数料及び利用料金その他の料金については返金しないとものとします。
第22条(免責)
1、本サービスにてレンタル通信機器等を利用し、電子書籍端末を含むスマートフォン等の通信機器にて、申込者あるいは利用者の善意悪意に拘らず当社案内の方法以外で通信ネットワークに接続した場合、ご利用の通信会社から海外データローミング料金等の通信料が課金されることがあります。その場合、当社としては一切責を負わないものとします。
2、通信機器等の使用に支障をきたした場合、申込者および利用者が利用期間中に当社まで連絡しなかった場合、当社は一切の責を負わないものとし、申込者は利用代金を支払うものとします。
3、第7条に定める手続きをした内容に誤りがあり通信機器等の使用に支障をきたした場合、当社は一切の責を負わないものとし、申込者はこれを予め了承するものとします。
4、通信機器等の利用に何らかの支障があったことにより、申込者が被った事故または損害等については、当社はその原因の如何を問わず申込者に対し一切の責を負わないものとします。
5、但し、当社の故意過失により通信に不具合が生じ、本サービスを本来の目的に利用することができなかった場合、当社は申込者に対し、本契約の範囲内で利用料免除等の賠償を行うものとし、本サービスの代替通信手段の担保、および当該代替手段の費用負担は、一切行わないものとします。また、当該契約の範囲を超える拡大損害については、当社は一切その責を負わないものとします。
第23条(損害賠償)
1、申込者が本サービスの利用に関して、申込者の責に帰すべき事由により当社に損害を与えた場合、申込者は当社が被った損害を賠償するものとします。
2、申込者が本サービスの利用に関して、第三者に損害を与えた場合、または第三者と紛争を生じた場合、申込者は自己の責任と費用でこれを解決し、当社にいかなる責任も負担させないものとします。万一、当社がほかの申込者や第三者から責任を追及された場合、申込者はその責任と費用において当該紛争を解決するものとし、当社は一切免責するものとします。
第24条(利用規約の変更)
本利用規約は、予告無く変更されることがあります。
第25条(準拠法および管轄)
本利用規約に関する準拠法は日本法とします。本利用規約またはこれに関する紛争に係る事件において、第一審の専属の管轄裁判所は、京都地方裁判所とします。

(2016年4月18日制定)
(2016年5月25日改定)
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いについて
個人情報の定義
ジェイピーモバイルは、個人情報とは、個人情報の保護に関する法律に規定される生存する個人に関する情報(氏名、生年月日、その他の特定の個人を識別することができる情報)、ならびに特定の個人と結びついて使用されるメールアドレス、ユーザーID、パスワード、クレジットカードなどの情報、および個人情報と一体となった趣味、家族構成、年齢その他の個人に関する属性情報であると認識しています。
クッキー・IPアドレス情報
クッキー及びIPアドレス情報については、それら単独では特定の個人を識別することができないため、個人情報とは考えておりません。ただしこれら情報と個人情報が一体となって使用される場合にはこれら情報も個人情報とみなします。
ジェイピーモバイルの運営するメディアにおいては、たとえ特定の個人を識別することができなくとも、クッキー及びIPアドレス情報を利用する場合には、その目的と方法を開示してまいります。また、クッキー情報については、ブラウザの設定で拒否することが可能です。クッキーを拒否するとサービスが受けられない場合は、その旨も公表します。
個人情報利用目的の特定
ジェイピーモバイルは、個人情報を取り扱うにあたって、その利用の目的を出来る限り特定します。
個人情報利用の制限定
ジェイピーモバイルは、あらかじめご本人の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取扱うことはありません。合併その他の理由により個人情報を取得した場合にも、あらかじめご本人の同意を得ないで、承継前の利用目的の範囲を超えて取扱うことはありません。ただし、次の場合はこの限りではありません。
  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
個人情報の適正な取得
ジェイピーモバイルは、適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得することはありません。また、15歳未満の子供から親権者の同意なく個人に関する情報をみだりに収集しないよう留意します。
個人情報の利用目的
(1)ジェイピーモバイルは、お客様の個人情報を原則として次の利用目的の範囲内で利用させていただきます。なお、当WEBサイトの他のページで特に利用目的を定めている場合は、その利用目的を含みます。
  • お客様から寄せられたお問い合わせについて、回答させていただくため。
  • お客様に、ジェイピーモバイルの商品、企業活動、イベント、キャンペーン等に関する
    お知らせをお届けするため。
  • ジェイピーモバイルにご来社いただくお客様のご来社日時を確認するため。
  • ご契約いただいた内容に基づき、その状況の報告をさせていただくため。
  • お客様のご承認の下に、ジェイピーモバイルのWEBサイトにて紹介させていただくため。
  • その他お客様から寄せられたご意見、ご要望にお応えするため。
(2)ジェイピーモバイルが他の事業者から委託された業務(他の事業者の商品・サービスの販売・取次等) の実施に当たって取り扱うこととなる個人情報は、その委託された業務の実施、当該委託元の商品・サービスの提供に最小限必要な内容に関してのみ、当該委託元と共同利用致します。
(3)ジェイピーモバイルは、お客様の個人情報の利用に際し、次の場合には事前に利用者、利用目的をお知らせの上、お客さまのご同意を得るものとします。
i. 上記利用目的の範囲を超えて利用する場合。
(4)上記(2)および(3)において、お客さまの個人情報は、すべて提供されるものではなく、利用目的の範囲内で必要最小限の提供に留まります。
個人情報の取得に際する
利用目的の通知
ジェイピーモバイルは、個人情報を取得するにあたり、あらかじめその利用目的を公表します。ただし、次の場合はこの限りではありません。
(1)利用目的をご本人に通知し、または公表することによりご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
(2)利用目的をご本人に通知し、または公表することによりジェイピーモバイルの権利または正当な利益を害するおそれがある場合
(3)国の機関もしくは地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用目的をご本人に通知し、または公表することにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
(4)取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合
個人情報利用目的の変更
ジェイピーモバイルは、個人情報の利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えては行わず、変更された利用目的について、ご本人に通知し、または公表します。
個人情報の安全管理・従業員の監督
ジェイピーモバイルは、個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止その他の個人情報の安全管理が図られるよう、情報セキュリティ基本方針および情報セキュリティポリシーを掲げ、情報セキュリティ委員会を設置し、従業員に対する必要かつ適切な監督を行います。 ジェイピーモバイルは、従業員に個人情報を取り扱わせるにあたっては、個人情報の安全管理が図られるよう、従業員に対する必要かつ適切な監督を行います。
委託先の監督
ジェイピーモバイルは、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、委託先と機密保持を含む契約の締結、または、ジェイピーモバイルが定める約款に合意を求め、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。
第三者提供の制限
(1)ジェイピーモバイルは、次に掲げる場合を除くほか、あらかじめご本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。
  • 法令に基づく場合
  • 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • 予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合
    a. 利用目的に第三者への提供を含むこと
    b. 第三者に提供されるデータの項目
    c. 第三者への提供の手段または方法
    d. ご本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
(2)ただし次に掲げる場合は上記に定める第三者には該当しません。
  • ジェイピーモバイルが利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
  • 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
  • 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめご本人に通知し、またはご本人が容易に知り得る状態に置いているとき
(3)ジェイピーモバイルは、個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合、利用目的または管理責任者の氏名または名称が変更される場合は、変更する内容について、あらかじめご本人に通知し、またはご本人が容易に知り得る状態に置きます。
個人情報に関する事項の公表等
(1)ジェイピーモバイルは、個人情報に関する次に掲げる事項について、ご本人の知り得る状態に置き、ご本人の求めに応じて遅滞なく回答します。
  • 個人情報の利用目的(ただし、個人情報の保護に関する法律において、その義務がないと規定されるものは除きます。ご回答しない決定をした場合は、ご本人に対して遅滞なくその旨を通知します。)
  • 個人情報に関するお問い合わせ窓口
(2)ジェイピーモバイルは、ご本人から、個人情報の開示を求められたときは、ご本人に対し、遅滞なく開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。
  • ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  • ジェイピーモバイルの業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  • 他の法令に違反することとなる場合
なお、アクセスログなどの個人情報以外の情報については、原則として開示いたしません。
個人情報の訂正等
ジェイピーモバイルは、ご本人から、個人情報が真実でないという理由によって、内容の訂正、追加または削除(以下「訂正等」といいます)を求められた場合には、他の法令の規定により特別の手続きが定められている場合を除き、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正等を行い、その旨ご本人に通知します。
個人情報の利用停止等
ジェイピーモバイルは、ご本人から、ご本人の個人情報が、あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または偽りその他不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下「利用停止等」といいます)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の利用停止等を行い、その旨ご本人に通知します。ただし、個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、ご本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じます。
理由の説明
ジェイピーモバイルは、ご本人からの要求にもかかわらず、(1)利用目的を通知しない、(2)個人情報の全部または一部を開示しない、(3)個人情報の利用停止等を行わない、(4)個人情報の第三者提供を停止しない、のいずれかを決定する場合、その旨ご本人に通知する際に理由を説明するよう努めます。
お問い合わせ
ジェイピーモバイルのプライバシーポリシーに関するお問い合わせは、下記担当までお願い致します。

〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町93 京都リサーチパーク6号館213号
株式会社 ジェイピーモバイル
minpaku-wifi@i-w.co.jp

2015年11月09日制定